名古屋市栄のダイビングスクール潜水屋Ti-Da(ティーダ)

お問い合わせ

ダンゴ3兄弟の巻

僕「なんでそんなに飲むのん?」

和夫「忘れるためさ」

僕「何をそんなに忘れたいん?」

和夫「・・・・。忘れたよそんなこと」

徳光 和夫。伝説を持ってくる男。

こんばんは。

botannnabe (2)

らっしーが50本潜水記念でした。50本って50本分の思い出があります。最初は不安と期待で胸いっぱいでしたよね?それがね潜水仲間ができてね、飲んでな。同じ時間を共有して笑ってダイビングが陸上がイベントが楽しくなるんです。

botannnabe (3)

身長180㎝以上もあるらっしーは言いました。「有難う」って・・・・でもね。声がちっこいから「ええええ???」ってなりますよね。なんて言うたん?体デカいのに声はてんとう虫ばりにちっこいラッシーでした。おめでとう。

 

botannnabe (6) botannnabe (5)

botannnabe (4)

みなちーがダンゴウオを見つけてくれました。この子です。この子の名前はもう「みなダンゴ」となりました。ウミウシにダンゴにいっぱいの生物たちが僕たち私達のテンションをあげてくれました。

botannnabe (1)

 

最高でしたね。美味いって何回も言いましたよ。ボタンにカニにダンゴにビールに温泉にもう最高やん!やっぱりね旅行ってどこに行くかではなくて誰といくかやねん!!種本が日本海やのにフードを忘れる。シャカの喉にイチゴが入ってるくらい仏がデカい。くっすんが東京ラブストーリーのカンチ。和夫が1本でいいとか、寒いとかマイナス発言しまくるから西口が怒る。ラッシー50本のサプライズがバレバレでニヤつく。ごっちゃんが食べ過ぎる事にまたもやビックリ。みなチーがよーちゃん所に就職するの件。ぎしが急に消えた。ゆうかの浴衣をアップし忘れる僕。西口携帯なくす。